自閉症の自立の支援ガイド 

周りの子供たちとはどこか違う・・・自閉症の子供はそんなふうにして親や周囲の大人から気づかれます。どんなところがほかの子供が異なっているのでしょうか?そしてその対応はどうすればいいのでしょうか。

サイトマップ

認知機能訓練とは

物や動作とその関係を理解させ、適した言葉を話すようにするための訓練です。



習得には根気が必要ですが、諦めずに継続することが大切です。

1〜3歳くらいの子供にとって大切なのは言葉やコミュニケーション能力を身につけさせる「認知機能訓練」です。

認知機能とは物や動作とその名前の関係を理解する能力を言います。

例えば、子供がリンゴを触った時に、子供に対して「リンゴだね」と声を掛けることが大切です。

これにより、子供は触ったものがリンゴであることを覚えていきます。

自閉症の子供には「おめめはここ」「おててはここ」と、自分の身体の位置関係がどのようになっているのか理解させることが大切です。

このように対象物と名前を一致させることが認知機能訓練において重要になります。

自閉症の子供は言葉を理解し、話せるようになるまで時間がかかります。

しかし、諦めずに親の方から根気よく働きかけることが大切です。

子供自身が言葉を話せるようになったら、少し言い間違っていたとしても言い直させたり、何度も言わせたりしないように注意する必要があります。

本人に「失敗した」と思わせないように、「良くできたね」と褒めてあげることが意欲を引き出すことになります。

物や動作と言葉の関係を理解させる

認知機能とは……

物の名前、動作や状態などを言葉で何と言うのかを理解する能力のこと

認知機能を伸ばすことが、言葉の理解や発語につながる

家庭でできる認知機能訓練

・物と言葉、動作と言葉を一致させながら言葉掛けする

(例:電車を見ながら「電車だね」と言う)

・身体の部位の名前と、その位置関係を分からせる言葉かけをする

(例:目を指して「おめめはここ」と言う)

・日常の場面を理解させ、適応行動をとらせる言葉掛けをする

(例:お風呂に入る時間になったら「お風呂だよ」と言う)

上手な言葉掛けのコツ

・子供が関心を持った遊びや物をきっかけに言葉かけをしていく

・すぐに覚えなくても何度も繰り返し教えることを続けていく

・発語が見られた時は、間違っていても褒めてあげる

「黄金の株手法」無料レポート2011
世界自閉症啓発デー
自分の殻に閉じこもってしまう
親の育て方が原因?
自閉症は治らない?
親とも目を合わせない
呼びかけても反応がない
一人遊びが好き
言葉をなかなか覚えない
同じ動作を繰り返したがる
独特な感覚を持っている
こだわりが強く変化に対応できない
癇癪や自傷行動を起こす
危険がわからない
並外れた能力
自閉症の3つの特徴
気になる子供が増えている
自閉症の子供の脳の中
自閉症は遺伝する?
自閉症の子供は増えている?
自閉症も含まれる発達障害
自閉症と知的障害は異なる?
自閉症と学習障害の違い
自閉症と注意欠陥多動性障害の違い
自閉症とアスペルガー症候群の違い
自閉症スペクトラム
発見は早ければ早いほどよい?
自閉症かも、誰に相談すればいい
医療機関を受診するとき
自閉症の診断確定
自閉症の診断基準
自閉症という障害
自閉症に対する治療の基本は療育
療育はどこで受けられる
感覚統合療法とは
認知機能訓練とは
行動療法とは
ティーチプログラムとは
構造化とは
治療に薬が使われることもある?
自閉症に精神療法は有効?
信頼できる医師に長く見続けてもらう
褒め方と叱り方
身辺自立を促す
視覚優位の自閉症の子供には絵カード?
繰り返し行動はやめさせるべき?
癇癪や自傷行動の対処法
家族や兄弟は自閉症の子供にどう接したらよい?
友達との関わりは増やした方がいい?
子供に合った学校をどうやって選ぶ?
幼稚園や小学校とどのようにして連携をはかる?
近隣の人たちにも障害を理解してもらうべき?
自閉症の子供が成長し、発達を続ける
リンク集

いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
カード キャッシング 金利







自閉症の自立の支援ガイド All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。