自閉症の自立の支援ガイド 

周りの子供たちとはどこか違う・・・自閉症の子供はそんなふうにして親や周囲の大人から気づかれます。どんなところがほかの子供が異なっているのでしょうか?そしてその対応はどうすればいいのでしょうか。

サイトマップ

治療に薬が使われることもある?

興奮しやすい、こだわり行動、パニックが激しい、寝つきが悪いなどの症状に応じて薬を用いて症状を抑えることもあります。



自閉症の根本的な原因として脳の機能障害があります。

これは薬によって治すことはできません。

しかし、子供に激しい症状があらわれた時にはそれを抑えるために薬を用いることもあります。

例えば、朝から晩まで興奮した状態で走り続けたり、夜の間ずっと起きていたり、あるいは、こだわりやパニックが激しいなどの場合、子供自身のためにも、親にとっても症状を薬で抑えた方が良いというケースもあります。

この場合、向精神薬(精神安定剤、抗うつ剤、抗精神病薬など)が使われます。

最初は少量から服用し、効果や副作用の有無を確認しながら、必要であれば服用する量を増やしていきます。

自閉症の子供は薬を嫌がることも多いので飲ませることにも一苦労してしまいますが、効果や副作用を正しく判断するためにも医師の指示に従い、用法・用量御を守るようにしましょう。

激しいパニックや興奮は薬で抑える

薬が使われるケース

・昼夜を問わずに興奮状態が続き走ったり動いたりしている。

・こだわり、パニック、自傷行動が激しく、子供本人も苦しみ、親も対応に苦労している

興奮やパニックを抑えるために使う薬

「向精神薬」と呼ばれる薬。具体的には精神安定薬、抗うつ薬、向精神病約などが挙げられる。

眠気やふらつきなどの副作用が出ることもあるが、医師の指示のもとで服用すれば心配はない

服薬のさせ方

・少量からスタート、効果や副作用を見ながら用量を少しずつ増やしていく

・最適な量が定まったら、それを定量として経過観察を続けていく

服用の注意点

・用法や用量を医師の指示に従い、必ず守る

・薬の形状や味、服用時間帯によっては子供が嫌がることもある。

医師に相談し、好きな飲み物に混ぜて飲ませたり、服用時間をずらしたりするなどが効果的である。

「黄金の株手法」無料レポート2011
世界自閉症啓発デー
自分の殻に閉じこもってしまう
親の育て方が原因?
自閉症は治らない?
親とも目を合わせない
呼びかけても反応がない
一人遊びが好き
言葉をなかなか覚えない
同じ動作を繰り返したがる
独特な感覚を持っている
こだわりが強く変化に対応できない
癇癪や自傷行動を起こす
危険がわからない
並外れた能力
自閉症の3つの特徴
気になる子供が増えている
自閉症の子供の脳の中
自閉症は遺伝する?
自閉症の子供は増えている?
自閉症も含まれる発達障害
自閉症と知的障害は異なる?
自閉症と学習障害の違い
自閉症と注意欠陥多動性障害の違い
自閉症とアスペルガー症候群の違い
自閉症スペクトラム
発見は早ければ早いほどよい?
自閉症かも、誰に相談すればいい
医療機関を受診するとき
自閉症の診断確定
自閉症の診断基準
自閉症という障害
自閉症に対する治療の基本は療育
療育はどこで受けられる
感覚統合療法とは
認知機能訓練とは
行動療法とは
ティーチプログラムとは
構造化とは
治療に薬が使われることもある?
自閉症に精神療法は有効?
信頼できる医師に長く見続けてもらう
褒め方と叱り方
身辺自立を促す
視覚優位の自閉症の子供には絵カード?
繰り返し行動はやめさせるべき?
癇癪や自傷行動の対処法
家族や兄弟は自閉症の子供にどう接したらよい?
友達との関わりは増やした方がいい?
子供に合った学校をどうやって選ぶ?
幼稚園や小学校とどのようにして連携をはかる?
近隣の人たちにも障害を理解してもらうべき?
自閉症の子供が成長し、発達を続ける
リンク集

いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
kinri



自閉症の自立の支援ガイド All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。